社会人基礎力とやらで初年兵の「仕事のできなさ」を数値化してみた

初年兵の社会人基礎力

よく「仕事ができる」「仕事ができない」と言われます。この場合、仕事ができる人にはどんなスキルないし能力があるのでしょうか? 業務知識? やる気? 行動力? 問題解決能力? ちょっと考えてみると、なかなか結論が出せません。

そこで一つの補助線になるのが、経済産業省の定義した「社会人基礎力」という概念です。今回は、社会人基礎力について紹介するとともに、初年兵の無能っぷりを社会人基礎力に基づいて数値化してみました。

社会人基礎力とは?

経産省いわく、人生100年時代に求められるスキルとして「社内スキル」「専門スキル」「社会人基礎力」「キャリア意識、マインド」の4種類があります。特に後者2つは職場や業界に関わらず社会人が持つべき「社会人としての基礎能力【OS】」なのだそうです。

かくいう私は自他ともに認める仕事できない民なのですが、この社会人基礎力を利用して我が身を振り返ることで「スキルのなさ」「仕事のできなさ」を言語化できるのではないでしょうか。

そこで今回は、社会人基礎力が具体的にどんな力で構成されているかをご紹介するとともに、わたくし初年兵がいかに仕事できないのかを5段階評価していきたいと思います。

前に踏み出す力(Action)

経産省によると、社会人基礎力は3つの能力で構成され、さらにそれぞれの能力は合計12個の能力要素で構成されているそうです。1つ目の能力として、「前に踏み出す力」が挙げられていました。

これは「一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力」とされています。いかにも私の苦手そうな分野です。

主体性=物事に進んで取り組む力

【5段階中1】

仕事が好きだと感じたことがなく、できれば指示されたことだけ期待値をぎりぎり下回る程度にこなしていきたいです。仕事に進んで取り組むとかしたくありませんので、当然ながら1評価です。

働きかけ力=他人に働きかけ巻き込む力

【5段階中1】

一人で黙々と作業する方が好きで、他人に依頼したりマネージしたりしながら進めていくのは(やる気云々に関わらず)苦手分野です。やはり1評価。

実行力=目的を設定し確実に行動する力

【5段階中2】

会社では行動力なんてろくにありませんが、フリーランスの時代はそれなりに目的を設定しつつシコシコ作業していました。甘めに見て5段階中2ぐらいでいいでしょう。

考え抜く力(Thinking)

「疑問を持ち、考え抜く力」とされています。仮説思考とかクリエイティブ・シンキングとか、よくビジネス書のテーマになるタイプの力ですね。

課題発見力=現状を分析し目的や課題を明らかにする力

【5段階中2】

そもそも目的意識がないので、高評価はありえません。

計画力=課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力

【5段階中1】

子供のころから計画というのが大の苦手でして、その場その場を行き当たりばったりでやってきました。したがって、迷うことなく1評価です。

創造力=新しい価値を生み出す力

【5段階中2】

会社では何の価値も生み出していませんが、ライターとしては記事をたくさん書いてきたので5段階中2でいいでしょう。3以上でない理由は、書いてきた記事の9割超がGoogleの海のごみであり無価値だからです。それでもクライアントの指示に沿っており、お金がもらえればよいのです……

チームで働く力(Teamwork)

「多様な人々とともに、目標に向けて協力する力」です。人間関係の構築および維持ができないコミュ障の私にとって、前の2つの能力以上に不得手な分野と言えそうです。

発信力=自分の意見をわかりやすく伝える力

【5段階中2】

よく「……(こいつ、何を言ってるんだろう?)」という顔をされます。しかしライターとして説明記事をたくさん書いているわけで、1としなくてもよいでしょう。話すのはダメでも書くのは普通ということで、1と3の間を取り2としておきました。

傾聴力=相手の意見を丁寧に聴く力

【5段階中4】

自分の意見がないので、相手の意見は丁寧に聴けます。4!

柔軟性=意見の違いや相手の立場を理解する力

【5段階中3】

相手の立場の理解はできます。だからと言って話をうまく結論へ持っていくだけの交渉力はありませんが……

情況把握力=自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

【5段階中1】

いわゆる「空気を読む力」というやつでしょうか。自信をもって1と言うことができます。マイナスにしたいぐらい、空気を読めないタイプです。あるいは過剰に読もうとして空回りする。

規律性=社会のルールや人との約束を守る力

【5段階中4】

遅刻はしません! 納期は破りますが……

ストレスコントロール力=ストレスの発生源に対応する力

【5段階中1】

この力があったら、ホワイト企業2か月でうつになんかなりませんよ。

結論:初年兵はやる気なし、思考力なし、コミュ障

以上3つの能力、12の能力要素をまとめたのが以下の図です。

初年兵の社会人基礎力
初年兵の社会人基礎力

いかにも小さい多角形ができていて笑えますね。千葉県かな? 

特に「前に踏み出す力」が15点中4点、「考え抜く力」が15点中5点と、惨憺たる状況が可視化されました。

もともと「仕事ができない」と言っている人を細かく見てみたらやっぱり仕事できない感じだったということで、この結果は火を見るよりも明らかではありました。「臭そうなうんこに鼻を向けてみたらやっぱり臭かった」みたいな……

この社会人基礎力のうえに専門スキルと社内スキルが乗っかることで、「仕事のできる人」が出来上がります。

仕事ができるようになりたい読者諸兄におかれましては、今回の記事を参考にしてどのスキルが現状不足しているのか、身につければいいのか分析してみてはいかがでしょうか。

ひとまず私は社会人失格だなと改めて感じました。だからと言ってスキルアップに努める気もありませんが……死ぬまで無能なままでいてやんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です