【予算オーバー】支出記録(2019年9月)

アイキャッチ_20191017

9月分の支出記録です。今月からマネーフォワードMEで予算を設定し、支出を管理することにしました。結論から言うと予算オーバーしてしまったのですが、どこがどれくらいオーバーしてしまって、どう対処すべきか考えてみました。

予算を5万円オーバー

2019年9月の変動費の予実

設定した予算を5万円オーバーし、支出は30万円強で着地しました。予算オーバーしてしまった要因は日用品費、娯楽費、医療費の3つです。

痛恨の日用品費&娯楽費&医療費

日用品費・食費・娯楽費・医療費が目立つ

日用品費は妊娠関連グッズの購入、娯楽費はボードゲームカフェ、医療費は私の通院および妻の妊婦健診の分を見積もりに入れていなかったことが問題でした。食費は・・・・・・外食が・・・・・・

日用品費:妊娠関連グッズの購入

もともと子供に対する出費を含めていることもあり、日用品費は膨らみがちでした。それでも2万円という大きめの値で設定していたためオーバーしないだろうと高をくくっていたのに、実際の結果は3万円超え。主な要因は妊娠関連グッズの購入です。

妻のお腹が少しずつ大きくなってきたこともあり、通常サイズの洋服やパジャマでは動きにくくなってきていました。そのため赤ちゃん本舗に赴き、妊婦用の洋服や下着等をまとめて購入。ここで1万5,000円ほど費やしたのもあり、大幅に予算オーバーとなりました。

決して無駄遣いではありませんが、今後もちょくちょく妊娠・子育て関連の買い物は必要になってくるでしょう。10月は予算2万円に据え置きとしますが、この先オーバーが続くようであれば予算の増額も検討することになりそうです。

食費:メンタルのせいで私のせいでは・・・・・・(震え

メンタルを病んでいたため、妻の手料理を食べられない(申し訳なくて口をつけられない)という症状を発症していました。そのため外食の機会がものすごく増え、結果としてこれほどの食費になってしまいました。

10月は外食をほとんどしない(できない)ため、大幅に減るはずです。こちらは対策なしでOKのはず。

娯楽費:ボードゲームやりすぎ

娯楽費に関しては、予算2万円に対し3万2,000円で着地。予算オーバーの原因は明らかで、ボードゲームのやりすぎです。9月は1万5,000円ほどボードゲームカフェに投じてしまいました。

ただし、これは復職前だから遊ぶ回数を増やすかという意識があったためなのも事実。要は、ボードゲームの回数さえ減らせば娯楽費も減らせるわけです。妻が入院したこともあり、今後はそれほど頻繁にボードゲームカフェに行くこともできませんので、10月は娯楽費を削れると思っています。

したがって予算は1万5,000円に下げます。そもそも遊べませんから、10月はクリアできるはずです。

医療費:見積もりが甘すぎた

1万5,000円の予算に対し倍以上使ってしまった医療費。9月の対予算で最悪の実績でした。原因は、私の通院分と妻の妊婦健診分を見積もりに入れていなかったこと。特に妊婦健診で1万円以上使ったのは想定外でした(行きと帰りはタクシーを利用)。

今後私の通院頻度は減るものの、何と妻が入院することになりました。こうした事情もあり、10月は一気に2万5,000円へ増やすことにし、代わりに「現金・カード」を2万円から1万円へ減らすことにします。これで全体予算額は9月から変わらず28万5,000円です。入院による費用は別で考慮します。

まとめ

9月は休職中だったこともあり、買い物や遊びが増えてしまいました。復職を無事(?)果たした10月以降は、買い物や遊びの出費を減らすことができるはずと考えています。10月も給料はもらえない(傷病手当金のみ)なので、倹約に努めて黒字を死守する所存です。入院は入院で仕方ない。

1 Comment

妻が切迫早産になったことによる変化と対応策 | 会社員兼ライターが養分となるブログ

[…] 参考:【予算オーバー】支出記録(2019年9月) […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です